Amazonベビーレジストリ「出産準備お試しBOX」の入手方法・注意点

【換金率100%】楽天ポイントをAmazonギフト券に交換する方法

「楽天ポイントを使って、Amazonで買い物ができれば便利なのに。」

こんな風に考えている方は、意外と多いのではないでしょうか。

実は、今回紹介する方法でポイント交換をすれば、楽天ポイント1pt=1円の価値でAmazonでの買い物が可能です。

楽天ポイントの使い道に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

楽天ポイントを「楽天Edy」にチャージすればAmazonで買い物できる

楽天ポイントを楽天Edyにチャージすれば、Amazonの支払いに楽天ポイントを使えるようになります。

Amazonは、楽天Edyでの支払いに対応しているためです。

ただし、商品を直接「楽天Edy」で購入するとデメリットも

楽天ポイントをAmazonで利用するためには楽天Edyへのチャージが必要ですが、そのまま楽天EdyでAmazonの買い物をするのは、少しもったいないと言えます。

その理由は、以下の3点です。

  • プライム会員であっても「通常配送」しか選べない
  • 電子マネー払いの上限は5万円
  • 現金やクレジットカードなど他の支払い方法との組み合わせができない

プライム会員の方はお急ぎ便や日時指定便がいつでも無料ですが、楽天Edyを支払いに使うと通常配送しか選べません

また、楽天Edy払いは5万円以上の支払いに対応しておらず、他の支払い方法との併用もできません。

そのため、5万円以上の商品を購入したい場合は、他の支払い方法で決済しなくてはならなくなります

おすすめは楽天EdyでAmazonギフト券チャージタイプを購入する方法

実は、上記で説明したようなデメリットを気にしないで購入できる方法があります。

それが、楽天Edyで「Amazonギフト券チャージタイプ」を購入する方法です。

楽天ポイントからAmazonチャージ残高へ100%の還元率で交換できるうえ、先に紹介したようなデメリットはありません。

しかも、楽天Edyでチャージしたギフト券残高で買い物をすれば、その買い物に対してAmazonポイントが付与されます。

楽天ポイントをAmazonギフト券に交換する方法

それでは、「楽天Edyを経由して楽天ポイントをAmazonギフト券へ交換する方法」を紹介していきます。

<楽天ポイントをAmazonギフト券に交換する流れ>
  1. 楽天ポイントを楽天Edyに交換する
  2. 楽天EdyでAmazonギフト券(チャージタイプ)を購入する
  3. チャージしたギフト券残高で買い物する

それぞれの手順を、詳しく解説します。

① 楽天ポイントを楽天Edyに交換する

① 楽天ポイントを楽天Edyに交換する

まずは、楽天ポイントを楽天Edyに交換しましょう。

楽天ポイント1ptは楽天Edy1円として交換できるので、1ポイントも無駄になりません

楽天ポイントをEdyにチャージするための方法には、次の3つがあります。

  • おサイフケータイを使う
  • パソコンとEdy機能付きカードやEdyグッズなどを使う
  • iPhoneと「Edyカード用楽天Edyアプリ」を使う

おサイフケータイの場合

おサイフケータイの場合
おサイフケータイ機能付きのスマートフォンを持っている方は、Google Playから楽天Edyアプリをインストールして利用しましょう。

アプリ内で楽天ポイントからチャージが完了します。

  1. 楽天Edyアプリから「ポイントチャージ」を選択
  2. チャージするポイント数を入力
  3. 楽天IDとPWでログイン チャージ申請完了
  4. 「Edyを受け取る」アイコンをタップ
  5. チャージ完了

Edy機能付き楽天カード・Edyカードなどの場合

Edy機能付き楽天カード・Edyカードなどの場合

楽天Edy機能が付いたカードには「Edy機能付き楽天カード」や「Edyキーホルダー」など、たくさんの種類があります。

こうしたEdyカードやグッズを使ってのチャージは、次の手順で行えます。

  1. 楽天Edy公式HPから「ポイントチャージの申請」をクリック
  2. チャージしたいEdyカードを選択
  3. チャージポイント数を入力して申請する
  4. 楽天IDでとPWでログイン申請完了
  5. Edyチャージの受け取りを行う

受け取り方法は、以下の3通りです。

  • おサイフケータイの「楽天Edyアプリ」を使う
  • iPhoneの「Edyカード用楽天Edyアプリ」を使う
  • ファミリーマートのFamiポート、赤いチャージ機などを使う

ポイントでEdyチャージした場合、パソコン&Edy Viewerでは受け取れません。ファミリーマートのFamiポートなどを利用して受け取りましょう

チャージしたいEdyカードが表示されない場合は、カードの追加を行ってください。

楽天Edyカードの利用時に、楽天ポイントが貯まる設定にしてあることが条件です(Edy機能付き楽天カードはあらかじめ設定されています)。

iPhoneと「Edyカード用楽天Edyアプリ」を使う

iPhone用のEdyアプリがリニューアルし、アプリ上で残高確認やチャージができるようになりました

楽天Edy公式HPからポイントチャージの申請を行ったら、Edyカード用楽天Edyアプリを使って、チャージした金額を受け取れます。

  1. 楽天Edy公式HPからポイントチャージの申請をタップ
  2. 楽天IDでログイン
  3. チャージしたいEdyカードを選択
  4. チャージポイント数を入力して申請する
  5. 「Edyカード用楽天Edyアプリ」にログインする
  6. アプリの「Edyを受け取る」アイコンをタップ
  7. Edyチャージの受け取りを行う

あらかじめ利用したいEdyカードをスキャンして、アプリに登録しておくと簡単です。

チャージした金額を確認したい場合は、再度Edyカードをスキャンする必要があります。

② 楽天EdyでAmazonギフト券(チャージタイプ)を購入する

② 楽天EdyでAmazonギフト券(チャージタイプ)を購入する

続いて、楽天Edyにチャージした残高を使って、Amazonギフト券を購入します。

事前準備しておくのは、次のうちのいずれかになります。

<準備するもの(下記のいずれか)>
  • おサイフケータイ機能搭載のスマートフォン
  • Edyカード等&FeliCaポート搭載パソコン&Edy Viewer
  • Edyカード等&非接触カードリーダー/ライター「パソリ」&PC&Edy Viewer
  • Edyカード等&楽天Edyリーダー&PC&Edy Viewer
  • iPhone&おサイフケータイジャケット&PC&Edy Viewer

注:Edy Viewerは、WIndowsOS&Internet explorerでのみ動作します

電子マネーで一度に購入できるAmazonギフト券の金額は5万円までなので、たくさん交換したい場合は複数に分けてチャージしましょう。

Amazonギフト券購入の手順

Amazonギフト券の購入手順は、次の通りです。

  1. Amazonギフト券チャージタイプを選ぶ
  2. 支払い方法を「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」にチェックする
  3. 購入する
  4. Amazonから「お支払番号のお知らせ」メールが届く
  5. 支払い方法を「楽天Edy」にする
  6. 手順に沿って決済する

楽天EdyでAmazonギフト券チャージタイプを購入する場合は、支払い方法を電子マネーにしたあとスマホやパソコンで決済を行います。

コンビニ店頭で楽天Edy払いは使えません。

お支払番号のお知らせメールから楽天Edy払いを選ぶと、Edy Viewerが立ち上がりますので、手順に沿って決済を行いましょう。

楽天ポイントから楽天Edyへの交換についての注意点

楽天ポイントから楽天Edyへの交換に際しては、次のような注意点があります。

  • 期間限定ポイントは交換できない
  • 提携サービス会社から交換されたポイントは交換できない
  • チャージ可能なポイント数の上限は100,000ポイント/月、25,000ポイント/回
  • 初めてポイントチャージの申請を行った場合、7日間は上限500ポイントまでに制限される場合がある
  • 初めてポイントチャージの申請を行った場合、受け取りが可能になるまで最大2日かかる場合がある
  • ポイントチャージの場合、PC&Edy Viewerでの受け取りができない

初めて交換する場合、少額からの交換に制限されたり、すぐに受け取れなかったりするようです。その場合は徐々に増やしていくと良いでしょう。

また、現金チャージの場合と違って、楽天ポイントをEdyにチャージする場合はEdy Viewerを使ったチャージ受け取りができません。

Famiポートなどのチャージ機器を使うか、おサイフケータイやiPhoneの楽天Edy専用Edyアプリなどを使って受け取りましょう。

楽天EdyでAmazonギフトチャージする際の注意点

続いて、楽天EdyでAmazonギフト券を購入する際の注意点を紹介していきます。

  • コンビニでは支払えない(PCかスマホのみ)
  • 「楽天Edyカード・グッズ」利用の場合、対応機器を別途用意する必要がある
  • 電子マネー払いはAmazonポイント付与キャンペーンの対象外
  • 電子マネーからのチャージは5万円が上限
  • チャージタイプ以外のAmazonギフト券は購入不可

まず、楽天Edyはチャージタイプ以外のAmazonギフト券の購入には使えませんので注意してください。

また、楽天EdyでAmazonギフト券を購入する場合、コンビニなどでの支払いは利用できません。

Edyカードを使う場合も同様で、自宅のパソコンなどからの操作が必要です。Edyカードを読み取れるスマホか、パソリなど読み取り機器、Edy Viewerを用意しましょう。

電子マネー払いでAmazonギフト券を購入するとAmazonポイントは付与されませんが、Amazonギフト券を使った買い物では通常のAmazonポイントが付与されます。

まとめ

「楽天ポイントを楽天EdyにチャージしてAmazonギフト券を購入する」という一工夫で、楽天ポイントをAmazonの購入に使えるようになります。

等価交換できるので楽天ポイントを無駄にすることもなく、一部のサービスを除くAmazonの全商品の購入に利用できるため、とても便利です。

Amazonギフト券の有効期限は10年と長いので、楽天ポイントが使い切れない方にもおすすめ。

楽天Edyカードを使う場合は読み取り機器が必要になるので、事前に準備してから交換しましょう。