Amazonベビーレジストリ「出産準備お試しBOX」の入手方法・注意点

Amazonチャージは自分使い専用ギフト券!そのメリットとデメリット

Amazonギフト券には、コンビニなどでも見かける「カードタイプ」、チャージして自分で使う「チャージタイプ」、メールで送れる「Eメールタイプ」があります。

この中で、現在Amazonポイントがもらえるキャンペーンを行っているのが、「Amazonギフト券チャージタイプ」です。

この記事では、「Amazonチャージ」とも呼ばれるAmazonギフト券チャージタイプのメリットとデメリットを解説したうえで、お得に活用する方法を紹介していきます。

Amazonチャージ未経験の方も、ぜひ一度検討してみてください。

Amazonギフト券チャージタイプとは?


Amazonギフト券
は、大きく下記の3種類に分類できます。

  • カードタイプ
  • Eメールタイプ
  • チャージタイプ

このうち、「カードタイプ」はコンビニや家電量販店などでも購入でき、プレゼント用途にも使えるボックス入りや商品券タイプなど、様々な種類があります。

もう一つの「Eメールタイプ」はチャージタイプと似ていますが、購入時に送り先のEメールアドレスを入力する必要があります。メール本文に好きな画像を入れることもできるため、こちらもプレゼント用途にぴったりです。

最後の「チャージタイプ」は、自分のAmazonアカウントに購入金額分がチャージされるタイプのギフト券です。

残高は支払いをしたアカウントに紐付けられるため、プレゼントには向きません。いわば、自分使い専用のギフト券というわけですね。

チャージの方法は「現金・クレジットカード・電子マネー」の3種類。購入時にAmazonポイントがもらえるキャンペーンが行われているのは、チャージタイプの「現金チャージ」「クレジットカードチャージ」が対象です。

Amazonギフト券チャージタイプのメリット

Amazonギフト券チャージタイプのメリット

チャージタイプのAmazonギフト券には、以下の4つのメリット
があります。

  1. 自分のアカウントにチャージするタイプなので管理が楽ですぐに使える
  2. 現金派の方もコンビニ支払いや代引き手数料を気にせずに買い物できる
  3. 無駄遣いが防げる
  4. 最大2.5%のAmazonポイント付与キャンペーンを開催中

1つずつ、確認していきましょう。

① 自分のアカウントにチャージするタイプなので管理が楽ですぐに使える

Amazonギフト券チャージタイプを購入すると、基本的に支払い完了後すぐに自分のAmazonアカウントに残高が反映されます。

使い方も簡単で、Amazonで商品を購入する際に、支払い方法の一つとしてチャージしたギフト券残高を選択すればOK。残高が不足している場合は、その他の支払い方法と併用が可能です。

ギフト券残高は、自分のアカウントメニューからいつでも確認できます。

② 現金派の方もコンビニ支払いや代引き手数料を気にせずに買い物できる

ギフト券のチャージは現金でも行えるため、普段クレジットカードを使わない方にもおすすめです。

現金チャージの手段は、「コンビニ払い・ATM払い・ネットバンキング」の3つ。

これまでクレジットカードを使わずに代金引換やコンビニ支払いを利用してきた方は、代引き手数料やコンビニまで支払いに行く手間をなくすことができるので、ぜひAmazonチャージを検討してみましょう。

③ 無駄遣いが防げる

ギフト券チャージは、いわゆる「プリペイドカード」のように、事前に一定額をチャージしておく仕組みです。

あらかじめ使用額を決めておくことも可能で、「今月の買い物は1万円まで」と予算を決めておけば、無駄遣いを減らすこともできます。

④ ギフト券チャージでAmazonポイント付与のキャンペーンを開催中

現在、Amazonではチャージタイプのギフト券を購入するとAmazonポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

対象となる支払い方法は、現金払いとクレジットカード払い。それぞれのキャンペーン内容の詳細は、以下の通りです。

④ 現金チャージで最大2.5%のボーナスポイントがもらえる

現金チャージで最大2.5%のボーナスポイントがもらえる

チャージタイプのAmazonギフト券に現金でチャージすると、チャージ額に応じて最大2.5%のAmazonポイントが貯まります

チャージ金額に対するポイント付与率は、次の通り。

チャージ金額に対するポイント付与率

5,000円以上のチャージが対象ではありますが、Amazonプライム会員であれば、最低額の5,000円を現金チャージしても50ポイントもらえます。現金チャージする額が10万円なら、2,500円です。

貯まったAmazonポイントはAmazonで買い物に利用できますので、かなりお得なキャンペーン内容と言えるのではないでしょうか。

現金チャージの方法は「コンビニ・ATM・ネットバンキング」の3つから選べます。

<コンビニ払い対応店舗>
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストア
  • セイコーマート
<ATM払い対応ATM>
  • Pay-easy(ペイジー)を利用可能なATM
<ネットバンキング払い対応銀行>
  • PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)
  • 住信SBIネット銀行
  • auじぶん銀行
チャージする金額は、あらかじめ決まった金額から選ぶか、もしくは100円以上1円単位で必要な金額だけチャージが可能。

有効期限は10年間ですので、普段からAmazonを利用する機会が多い方はある程度まとめて購入しておくと便利ですし、ポイントもたくさん貯まるためお得です。

事前にチャージしておけば、タイムセールなどで欲しかったアイテムが見つかった場合などでも、慌てずに購入できますね。

プライム会員がクレジットカードでチャージすると0.5%のポイントがもらえる

プライム会員がクレジットカードでチャージすると0.5%のポイントがもらえる

クレジットカード払いに対するキャンペーンも開催されています。

こちらはプライム会員限定で、クレジットカードで5,000円以上のチャージをした場合に0.5%分のAmazonポイントがもらえるというもの。

プライム会員の家族会員は対象外ですが、無料体験期間中であっても適用されます。

また、「Amazonマスターカードクラシック」または「Amazonマスターカードゴールド」を利用してギフト券チャージを利用すると、カード利用によるポイント還元もあるため、最大3%のポイントが貯まることに。

Amazonマスターカードを利用した場合のAmazonポイント付与率は、次の通りです。

Amazonマスターカードを利用した場合のAmazonポイント付与率

Amazonマスターカード以外のクレジットカードを利用するとAmazonポイントは0.5%に固定されますが、クレジットカード独自のポイントは獲得できますので、還元率の高いクレジットカードを利用している方はクレカによるチャージを検討しても良いかもしれません

0.5%のキャンペーンポイントを手に入れるためには、必ず下記のリンクからキャンペーンページを開き、「キャンペーンにエントリーする」ボタンでエントリーをする必要があります。

エントリーしていない場合は、0.5%アップの対象にはなりませんので、注意してください。

電子マネーでのチャージはキャンペーン対象外

Amazonポイントがもらえるキャンペーンは、現金払い、またはクレジットカードを使ったチャージの場合に限ります。

電子マネーでの支払いは対象外ですので、注意してください。

登録後30日未満のアカウントはキャンペーン対象外

Amazonにアカウントを開設してから30日未満の方は、キャンペーン対象外となります。

Amazonポイントをもらいたい場合は、アカウント開設から30日が経過してからAmazonチャージをするようにしてください。

Amazonギフト券チャージタイプのデメリット

Amazonギフト券チャージタイプのデメリット

メリットが多いAmazonギフト券チャージタイプですが、以下のようなデメリットも存在します。

  • プレゼント用には利用できない
  • キャンペーンによるポイント付与は翌月
  • チャージしたAmazonギフト券には利用期限がある

プレゼント用には利用できない

チャージタイプのAmazonギフト券は、ログインして支払いを行ったAmazonアカウントに紐付けられます。

そのため、自分以外のアカウントへは送れません

もしプレゼントとしてAmazonギフト券を贈りたい場合は、カードタイプやEメールタイプを選びましょう

キャンペーンによるポイント付与は翌月

キャンペーンで得たAmazonポイントは、翌月中旬頃に付与されます。

例えば、プライム会員が現金払いで20,000円チャージを行うと、300ポイントが翌月中旬頃に付与されます。

また、クレジットカード(Amazonマスターカードクラシック)で20,000円チャージを行った場合、通常のAmazonポイント400ポイントが、チャージ残高が反映された後すぐに反映されますが、プラス0.5%分のポイントは翌月中旬頃に反映されます。

通常のAmazonポイント付与のタイミングと異なりますので、「ポイント数が少ない?」と混乱しないように注意しておいてください。

チャージしたAmazonギフト券には利用期限がある

チャージをしたギフト券残高には、有効期限があります。

とはいえ、「発行日から10年間」と長いので、使いきれないということはないのではないでしょうか。

キャンペーン中の今がチャンス!事前チャージでお得にAmazonを利用

Amazonギフト券でAmazonポイントがもらえるキャンペーンは、現在のところ「終了日未定」となっています。

ですが、油断していると急に終了してしまう可能性も。普段からアマゾンを利用している方は、この機会に「Amazonギフト券チャージタイプ」を利用してみてはいかがでしょうか

キャンペーンのAmazonポイントをもらいたい方は、下記のキャンペーンページよりチャージをしてください。

Amazonギフト券のチャージ方法について詳しく知りたい方は、次の記事も参考にしてください。