Amazonベビーレジストリ「出産準備お試しBOX」の入手方法・注意点

Amazonギフト券の送り方|LINE・Twitter・Eメール・郵送でプレゼント

贈る金額を自由に選べ、手軽なプレゼントとして人気のAmazonギフト券

しかし、Amazonギフト券にはいくつか種類があり、贈り物として使えるものと、使えないものがあります。

そこで今回は、Amazonギフト券のなかでも、特に手軽に送れる2種類のタイプにフォーカスして、その送り方を紹介します。

LINEやTwitterなどSNSを使う方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

プレゼント用のおすすめはEメールタイプと印刷タイプの2種類

プレゼント用のおすすめはEメールタイプと印刷タイプの2種類
Amazonギフト券を贈答用に送ると聞いて、真っ先に思いつくのはカードタイプを郵送する方法ではないでしょうか。

しかし、紙やプラスチックカードを郵送するには、相手の住所を聞く必要がありますし、発送準備などをしなくてはいけません

そのような手間がかからず簡単に送れるのが、「Amazonギフト券Eメールタイプ」です。

Amazonギフト券Eメールタイプの特徴

Eメールタイプは文字通りメールで送れるため、仲の良い友人・遠方の知人へのプレゼントやちょっとしたお礼などに適しています。

しかも、Eメールアドレスが分からない場合は、LINEやTwitterのDMを利用して送ることもできます。

Amazonギフト券印刷タイプの特徴

そしてもうひとつ、イベントの景品や急いでプレゼントを用意したい時にも使いやすいのが印刷タイプです。

印刷タイプとは、PDF形式のデータをダウンロードして自宅のプリンターなどで印刷するギフト券のこと。

イラストやメッセージも挿入できるため、会社のイベントの景品として利用するなど、手渡しで使う場合にも便利です。

チャージタイプは自分専用のAmazonギフト券

Amazonギフト券には、「チャージタイプ」と呼ばれるものもあります。しかし、チャージタイプを誰かに送ることはできません

残高は自分のアカウントに反映されるため、自分で利用することが前提のギフト券になります

チャージタイプのAmazonギフト券については、こちらの記事を参考にしてください。

EメールタイプのAmazonギフト券の送り方

EメールタイプのAmazonギフト券は、以下の3つの方法で送信可能です。

  • Eメールで送る
  • LINEで送る
  • TwitterなどSNSで送る

それぞれの送り方を、順番に解説します。

Amazonギフト券をEメールで送る方法

送りたい相手のメールアドレスが分かっていれば、メールで直接Amazonギフト券を送ることができます。

EメールでAmazonギフト券を送る手順は、次の通りです。

<EメールでAmazonギフト券を送る手順>
  1. AmazonでEメールタイプのギフト券を選ぶ
  2. 配送は「Eメール」受取人は相手のメールアドレスを入力する
  3. 送り主とメッセージを記入する
  4. 送信日の希望があれば設定する
  5. 支払手続きを完了する

画像も交えて、もう少し詳しく紹介します。

<EメールでAmazonギフト券を送る手順>
① Amazonギフト券のEメールタイプを選択し、カードのデザインを選びます。イラストやアニメーションなども用意されていますし、自分で写真を用意することも可能です。
Amazonギフト券のEメールタイプを選択

② 配送は「Eメール」にし、受取人欄に相手のメールアドレスを入力します。
受取人欄に相手のメールアドレスを入力

③贈り主とメッセージを記入してください。

④送信日の希望があれば、設定します。最長1年先まで予約登録が可能です。

⑤支払手続きを完了すると、通常5分以内で相手にメールが届きます。

Amazonギフト券の有効期限は、「メール送信日から10年間」です。有効期限は長いですが、忘れてしまわないよう受け取ったらすぐにギフト券番号の登録手続きをするように、相手先にも伝えておくと良いでしょう。

Amazonギフト券をLINEで送る方法

LINEでAmazonギフト券を贈る方法は、「LINEギフトを使う方法」「トーク内に記載する方法」の2通りあります。

LINEギフトを使う方法

LINEギフトを使って送る場合は、次の動画の通りに進めれば簡単です。

ただし、1,000円のAmazonギフト券が1,100円となるなど、Amazonから購入するよりも割高になっていますので、その点に注意してください。

トーク内に記載する方法

トーク内にAmazonギフトを送る場合の手順は次の通りです。

  1. AmazonでEメールタイプのギフト券を選ぶ
  2. 受取人欄に自分のメールアドレスを入力して購入する
  3. Amazonからのメールに記載されているギフト券番号をコピーする
  4. LINEのトーク画面にギフト券番号を貼り付けて送信する

画像付きで詳しく解説します。

<トーク内にAmazonギフトを送る場合の手順>
① EメールタイプのAmazonギフト券を選択します。デザインは何でも構いません。
EメールタイプのAmazonギフト券を選択

② 金額を決めたら、配送を「Eメール」にし、受取人の欄に「自分のメールアドレス」を入力しましょう。
受取人の欄に「自分のメールアドレス」を入力

③ 購入手続きが済むと、自分のメールにAmazonギフト券の「ギフト券番号」が送られてきますので、コピーします。

④ 送りたい相手のトーク画面に「ギフト券番号」を貼り付けます。ギフト券番号を登録する画面のURLも一緒に貼り付けておくと親切です。

トーク画面にギフト券番号が丸見えになってしまうのが気になる場合は、「テキストメッセージ」を選ぶ方法もあります。

「テキストメッセージ」を選ぶ方法

配送を「テキストメッセージ」にし、宛先に自分の携帯電話番号を入力すると、ショートメッセージが送られてきます。

そのメッセージに書かれているAmazonのURLをコピーしてLINEのトーク画面に貼り付けると、ギフト券番号を入力せずに、相手にAmazonギフト券が送れます。

LINEでの受け取り方

LINEで送られたAmazonギフト券を受け取る方法も紹介しておきましょう。

<LINEで送られたAmazonギフト券を受け取る方法>
① Amazonにログインし、下記のページ(https://www.amazon.co.jp/gc/redeem/)を開きます。
ギフト券を登録する

② ギフト券番号を入力して「アカウントに登録する」をクリックします

③ 送られたギフト券残高が入金されます

Amazonギフト券をTwitterで送る方法

続いて、TwitterでAmazonギフト券を送る方法を解説します。

この方法では、Twitterのツイートではなくメッセージ機能を使って送ります。そのため、Instagramなどダイレクトメッセージの機能があるSNSでも同様に送れます

<TwitterでAmazonギフト券を送る手順>
  1. AmazonでEメールタイプのギフト券を選ぶ
  2. 受取人に自分のメールアドレスを登録して購入する
  3. Amazonからのメールに届いたギフト券番号をコピーする
  4. TwitterのDM欄にギフト券番号を貼り付けて送信する

先のLINEへの送り方で紹介した、テキストメッセージ機能を使った方法も利用可能です。

TwitterなどSNS上のやり取りだけの相手にAmazonギフト券を送りたい時には、この方法はとても便利です。

ただし、相手に完全に匿名で送る際は、後述する点に注意してください。

印刷タイプのAmazonギフト券の送り方

印刷タイプのAmazonギフト券の送り方

印刷タイプのAmazonギフト券は、プレゼントを買いに行く時間がないとき、直接手渡す必要があるときなどに便利です。

購入から送り方までの流れは次の通りです。

<印刷タイプのAmazonギフト券を送る手順>
  1. Amazonギフト券の印刷タイプを選びデザインを決める
  2. 金額を設定し、メッセージを入力
  3. 支払手続きをすると、登録メールアドレスにPDFファイルのリンクが届く
  4. PDFファイルを印刷する
  5. 印刷した紙を組み立てる
画像を交えながら説明します。
<印刷タイプのAmazonギフト券を送る手順>
① Amazonギフト券の印刷タイプを選択し、好きなデザインを選びます。
Amazonギフト券の印刷タイプを選択

② 金額やメッセージなどの詳細を入力します。
金額やメッセージなどの詳細を入力

③ 支払手続きをすると、通常約5分以内にAmazonアカウントに登録しているメールアドレスにPDF形式のギフト券へのリンクが届きます。
PDF形式のギフト券へのリンク

④ Eメールに届いたリンクをクリックして、PDFを開き、プリンターなどで印刷します。
プリンターなどで印刷
※A4用紙を用意してください。
※PDFを開くにはAdobe Acrobatが必要です。

⑤ 印刷した紙を四つ折りまたは二つ折りにすれば完成です。
印刷した紙を四つ折りまたは二つ折りにすれば完成

厚紙に印刷する、リボンや写真などを飾り付けるといった工夫をすれば、世界で一つだけのギフト券が作れますよ

Amazonギフト券の郵送の仕方

このような実物のギフト券をプレゼントしたい場合には、郵送を利用することもあるでしょう。

Amazonギフト券は現金ではないため、現金書留では送れません。郵便で送る際には、封筒やレターパックを利用すると良いでしょう

誕生日に届けたいなど配達日を希望する場合は、郵便局の窓口で「配達日指定郵便でお願いします」と伝えて、追加料金を支払えば大丈夫です。

また、相手の住所が分かっていれば、カードタイプをAmazonで購入した際に直接相手に送付することもできます

その場合は、配送できるカードタイプのAmazonギフト券を選びましょう。

Amazonギフト券を匿名で送ることは可能?

Amazonアカウントには本名で登録していると思いますが、そのままEメールタイプのAmazonギフト券を送ってしまうと、相手に本名が明らかになってしまう可能性があります

送り主の欄をニックネームで送っても、相手が「お礼のメールを送付」の画面を開くと、宛先にアカウント名が見えてしまうのです。

ニックネームでEメールタイプのAmazonギフト券を送りたい場合は、Amazonのアカウント名を変更しておきましょう。

<Amazonアカウント名の変更方法>
  1. アカウント&リストをクリックして、アカウントサービスを開く
  2. ログインとセキュリティで名前の「編集」をクリック
  3. 「名前を変更」で新しい名前(ニックネーム)とフリガナを入力
  4. 変更を保存

また、クロネコヤマトの匿名配送でAmazonギフト券を送ることを検討している方は、利用できませんので注意してください。

クロネコヤマトでは金券・ギフト券類の取り扱いができません。また、送り状の依頼主の欄が空白またはニックネームで送ることはできません。

Amazonギフト券の残高は送れる?

「Amazonギフト券に1,000円残っているから誰かにあげたい」と思う人がいるかもしれませんが、一度自分のアカウントに登録したAmazonギフト券残高は譲渡できません

Amazonギフト券の残高は、自分で使い切りましょう。

また、想定された受取人でないにもかかわらず、Amazonギフト券をアカウントに登録することは認められない行為です。

Amazonギフト券はルールを守って、正しく使うようにしてください。

まとめ

誕生日やちょっとしたお礼などに何を贈ればいいか迷ってしまう時は、相手が好きなものを購入できるAmazonギフト券がおすすめです。

LINEやTwitter、Eメール、郵送などで手軽に送れますし、相手がいつもAmazonで買い物をしている方であれば、特に喜んでくれるでしょう。

Amazonには様々なタイプのギフト券がありますので、ルールをしっかりと守って、便利に活用してみてください。